バイオリンにも使われていたプロポリス

プロポリスというと健康食品のイメージが強いですが、バイオリンを作る際にも使用されていたことをご存知でしょうか。
しかも、名器として名高いストラディバリウスに使用されていたのです。

ストラディバリウスとは?

ストラディバリウスとは、17~18世紀に活躍した楽器製作者、アントニオ・ストラディバリの手によるバイオリンです。
現在でも600丁が残っているとされていますが、入手するためには数億円が必要で、名器中の名器といわれています。

なぜプロポリスが使用されているの?

バイオリンは最後の仕上げとして、光沢を出すために何度も表面にニスを塗ります。
このニスの違いによって音が変わってしまうため、かなり重要な作業になっているのです。
ストラディバリウスのニスを調べてみたところ、イタリアのクレモナで採取されたプロポリスが使用されていたという研究結果が公表されているのです。
プロポリスには蜜蝋が多く含まれているため、バイオリンのニスに混ぜてツヤを出すことに適していたのでしょう。
ただ、ストラディバリのニスについては今もって再現できておらず、その本当の目的については分からないことが多いのも確かです。

ストラディバリウスが現在に残る理由?

ところで、なぜ300年も前に作られた楽器が現代に残っているのでしょうか。
木は腐りやすいのでメンテナンスが難しいのですが、それにもかかわらず600丁が現存しているとされているのです。
プロポリスには殺菌効果があります。
雑菌だらけの屋外で蜂の巣が腐ってしまわなかったり、幼虫が病原菌に感染しにくかったりするのは、このプロポリスの殺菌効果によるものです。
この殺菌効果のおかげで、ストラディバリウスは現代に残ることができたのでしょう。
古代エジプトでは、ミイラの防腐剤としてプロポリスが使用されていたとされています。
もしかするとストラディバリはこのことを知っていて、バイオリンを腐らせないようにするためにプロポリスをニスに混ぜたのかもしれませんね。
【参考URL】
http://daigyakuten.sakura.ne.jp/spoil.html