プロポリスとハチミツの違いは?

プロポリスとハチミツは同じミツバチ由来のものなので、似たようなものだと誤解している人もいるかもしれませんが、その成分や効果は大きく異なっています。
プロポリスとハチミツには、どのような違いがあるのでしょうか。

プロポリスは「食べ物」ではない

まず、プロポリスはミツバチにとっては「食べ物」ではありません。
巣を作るための材料のひとつで、樹脂や花粉が原料となっています。
甘みもほとんどありません。
ミツバチの巣は屋外という雑菌だらけの環境にありながら、腐ってしまったり、中にいる幼虫が病原菌に感染してしまったりすることがありません。
巣の材料に抗菌効果のあるプロポリスを使うことで、ミツバチにとって住みやすい環境を作っているというわけです。
また、プロポリス蜜蝋を多く含んでいるため、巣を丈夫にすることにも役立っています。
ちなみにプロポリスを作るのはセイヨウミツバチのみで、日本で繁殖しているトウヨウミツバチはプロポリスを生成していません。
日本でプロポリスが採取しにくい原因のひとつです。

ハチミツはミツバチにとっても「食べ物」

これに対して、ハチミツは花の蜜を原材料としており、成分のうち8割は糖分が占めています。
ミツバチはご存知のように「大家族」なので、多くの食べ物が必要になります。
この食べ物がハチミツなのです。
花の蜜を採取して、ミツバチの体内で保存性を高めて巣の中に保管することで、食べ物が簡単になくならないようにしているというわけです。
糖分が8割なので、味は当然のことながら甘く、カロリーも高めになっています。
ミツバチだけでなく、人間にとっても重要なカロリー源となっていますが、プロポリスのように殺菌作用をはじめとする多様な効果を持っているわけではありません。

プロポリスとハチミツは原料も違えば、生成される目的、人間にとっての効果も大きく異なっています。
同じミツバチ由来であっても、完全に別物と考えておいた方がいいかもしれませんね。