プロポリスの乳酸菌との同時摂取は大丈夫?

プロポリスに殺菌効果があることを知っている人は多いでしょう。
また、善玉菌である乳酸菌が体に良い影響を与えることも広く知られています。
ただ、乳酸菌も最近の一種であることは同じなので、プロポリスの殺菌効果の影響を受けてしまうのではないかという懸念もあります。

プロポリスと乳酸菌の同時摂取は可能

なぜこのようなことを心配するのかというと、抗生物質が乳酸菌に良くないという問題があるためです。
抗生物質は効き目が強い半面、体にとって有用な細菌まで退治してしまうのです。
殺菌効果については抗生物質を上回るケースがあるプロポリスだけに、その点については心配になるという人もいるでしょう。
結論から書くと、プロポリスと乳酸菌の同時摂取には全く問題はありません。
プロポリスの殺菌効果は特殊で、悪玉菌に対しては極めて高い効果を発揮するのに対し、乳酸菌をはじめとする善玉菌を退治してしまうことがないのです。
このため、プロポリスによって乳酸菌が退治されてしまうという心配はしなくてもいいでしょう。

相乗効果も期待できる

さらに、プロポリスと乳酸菌を同時に摂取することで、相乗効果も得られるのです。
乳酸菌の働きのひとつは、腸内で悪玉菌を退治することです。
腸内で悪玉菌が増えると環境が悪化し、便秘などの原因となってしまいます。
乳酸菌はこの悪玉菌を退治することで、腸内環境を整えています。
ここに悪玉菌のみを退治してくれるプロポリスが加わることで、悪玉菌を退治する能力がアップし、より速やかに腸内環境を整えることが期待できるというわけです。
実際、乳酸菌とプロポリスの両方を配合したサプリメントが販売されているくらいです。

プロポリスと乳酸菌の同時摂取は問題がないどころか、悪玉菌退治の相乗効果につながってくれるのです。
便秘解消などのために腸内環境を速やかに整えたいと考えているのなら、プロポリスと乳酸菌を同時摂取してみてはいかがでしょうか。