ユーカリ系プロポリス

プロポリスの原料はミツバチが住んでいる土地に生えている植物ですので、生産地によって材料は違っています。
販売されているプロポリスの中には、ユーカリを原料としたものもあります。
ユーカリ系のプロポリスには、どのような特徴があるのでしょうか。

ユーカリには殺菌効果がある

ユーカリはオーストラリアやタスマニア島を原産としているフトモモ科の樹木で、コアラの食べ物として知られています。
プロポリスはブラジルや中国、オーストラリアなどいろいろな国で生産されていますが、オーストラリア産はユーカリ系だと考えて間違いないでしょう。
アボリジニがユーカリを傷薬として使用していたことからも分かるように、ユーカリには強力な殺菌効果があります。
アロマテラピーでは、ユーカリエッセンスは風邪や感染症の予防に使われています。
また、抗炎症効果もあるため、筋肉痛防止のためにスポーツ後のマッサージに使われることもあります。

ユーカリ系プロポリスも殺菌効果が高い

こうしたユーカリを原料としているプロポリスは、他の植物を原料としているものよりも殺菌効果や抗炎症効果が高くなっています。
サプリメントとして摂取すれば、殺菌効果によって腸内環境が整えられますし、うがい薬代わりに使用することもできます。
プロポリスの殺菌効果の特徴は、腸内の悪玉菌には強い効果を発揮しても、善玉菌を殺してしまわないことです。
サプリとして摂取すれば悪玉菌のみを退治できますので、善玉菌を助けて腸内環境を整えることに役立ってくれます。
また、プロポリスはインフルエンザウイルスを退治できることが確認されていますので、流行期にうがいをすればインフルエンザ予防ができます。
また、抗炎症効果を持っていますので、口内炎の症状を抑えることもできそうです。
ただ、刺激があるので、うがいは水で薄めたものを使うのがオススメです。

ユーカリ系のプロポリスの特色は、殺菌効果と抗炎症効果です。
うまく利用して、口内や腸内をきれいにしていきましょう。