プロポリスの抗菌・殺菌作用

プロポリスにはいろいろな効果があり、抗菌・殺菌作用もそのうちのひとつです。
プロポリスの抗菌・殺菌作用にはどのような特徴があり、どのような形で役立ってくれるのでしょうか。

なぜ蜂の巣は腐らないのか

蜂の巣は屋外にありますが、空気中には雑菌がたくさんいます。
雨によって巣が濡れると雑菌が繁殖し、腐ってしまいそうなものですが、そうしたことはほとんどありません。
また、中にいる幼虫が病気になってしまうことも多くありません。
なぜこのようなことが起きるのでしょうか。
それは、蜂の巣の原料に使用されているプロポリスの抗菌・殺菌作用によるものです。
雨で巣が塗れても抗菌・殺菌作用によって増殖が抑えられるため、腐りにくくなります。
また、病原菌も抗菌・殺菌効果によって退治されるため、幼虫への感染も抑えられるのです。
この抗菌・殺菌効果の利用法のひとつが、うがいです。
インフルエンザや風邪のウイルスを退治することで発症を防いだり、口内の雑菌を退治して口内炎や歯肉炎、虫歯を予防してくれたりしてくれるのです。

プロポリスの抗菌・殺菌作用の特徴は?

プロポリスの抗菌・殺菌作用は、菌やウイルスの種類によっては抗生物質を上回るほどの効果を発揮するケースもありますが、乳酸菌をはじめとする善玉菌を退治してしまうことがないというのが特徴です。
抗生物質は善玉菌も退治してしまいますので、大きなメリットだと言っていいでしょう。
サプリメントとして摂取すると腸内環境を整え、便秘などを防止することが可能です。
なぜなら、腸内の悪玉菌のみを退治してくれるからです。
善玉菌はそのまま残りますので、プロポリスの助けによって次第に増えていき、善玉菌優勢の優れた腸内環境が出来上がるというわけでです。

プロポリスの抗菌・殺菌作用は強力な上、善玉菌を退治することがないというのが大きなメリットです。
いろいろな疾患の予防や、腸内環境の良化に役立ててみませんか。