プロポリスは便秘に効く?

女性はホルモンなどの影響で、男性に比べて便秘の悩みを抱える人が多いといわれています。
便秘は肌の状態を悪化させるなど、体にいろいろな悪影響を及ぼします。
プロポリスは、この便秘を解消してくれる働きが期待できるのです。

便秘の原因は腸内環境の悪化

人間の腸内にはいろいろな細菌が住み着いていますが、大きく分けると善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類になります。
悪玉菌は有害物資を分泌するなどして、腸内の環境を悪化させてしまいます。
この悪玉菌を退治して、腸内環境を整えてくれるのが善玉菌です。
日和見菌は、この両者のうち優勢な方に加勢してくれます。
もし腸内で悪玉菌が優勢になると、有害物質によって腸の働きが悪くなってしまいます。
これによって腸内の食べ物がうまく排出できなくなり、便秘の原因となるのです。
便秘を解消するためには、何らかの方法によって善玉菌を優勢にし、腸内環境を整えて働きを良くする必要があります。

腸内環境を整えてくれるプロポリス

プロポリスには、善玉菌を殺さずに悪玉菌を退治してくれる働きがあります。
これによって、腸内環境を整えることができるのです。
プロポリスは蜂の巣由来のものですが、蜂の巣は雑菌だらけの屋外にあっても簡単に腐ってしまうことはありません。
また、中にいる幼虫が病気になるようなことも多くありません。
これは、プロポリスに抗菌・殺菌効果があり、雑菌を退治してくれるからなのです。
プロポリスを摂取することでこの抗菌・殺菌効果が、悪玉菌に対して発揮されるというわけです。
ただ、抗菌・殺菌効果が善玉菌に対しても発揮されると、腸内環境の改善につながらないのではないかと思うかもしれません。
ところが、プロポリスの抗菌・殺菌効果は善玉菌には作用しないという特徴があるのです。
これによって善玉菌を損なうことなく悪玉菌を退治でき、善玉菌を優勢にできるのです。
これによって腸内環境を整え、便秘の解消につながってくれるというわけです。