オーストラリア産のプロポリス

プロポリスの生産国はブラジル、中国、ドイツ、オーストラリアなどさまざまです。
オーストラリア産はブラジル産などと比べるとマイナーな存在ですが、他にはない特色を持った優れものなのです。

プロポリスの原料となる植物は違う

そもそも、プロポリスの抽出元である蜂の巣は、その地に多く生えている植物から作られています。
ブラジルならばキク科のアレクリン、中国や欧州ならばポプラ由来といった具合です。
そしてオーストラリア産の場合は、大陸原産の植物であるユーカリが原料となっています。
ユーカリの特徴は、強い抗菌・殺菌作用です。
実際、アロマテラピーにおいて、ユーカリエッセンスは抗菌効果による風邪の予防などに使用されています。
また、王子製紙からはユーカリエキスを使用した抗菌剤が開発されています。

抗菌・殺菌作用に優れているオーストラリア産

こうしたユーカリの特徴は、これを原料とするオーストラリア産プロポリスにも受け継がれています。
そもそもプロポリスは蜂の巣が腐ったりしないように抗菌・殺菌効果を持っているのですが、ユーカリによってその効果がさらに強くなっているのです。
プロポリスの抗菌・殺菌効果を最も生かすことのできる使用法が、うがいです。
風邪やインフルエンザのウイルスを退治することができるため、流行期に発症する可能性を下げることができるのです。
雑菌が原因で起きる口内炎や歯肉炎も、抗菌・殺菌効果によって防ぐことが可能です。
また、プロポリスの抗菌・殺菌効果は人間の体に害を与える細菌には効果がありますが、乳酸菌をはじめとする善玉菌を退治することはほとんどないという特徴があります。
サプリメントとして摂取すると、腸内の悪玉菌のみを退治することができるので、善玉菌を優勢にして腸内環境を整えることができます。
これによっておならの臭いを抑えたり、便秘を予防できたりするのです。

オーストラリア産のプロポリスは、ユーカリ由来の強い抗菌・殺菌効果が特色です。
風邪の予防や便秘対策など、抗菌・殺菌効果を生かした使用法がおすすめです。