プロポリスで口内炎を解消

口の中にできると痛い口内炎は、せっかくの食事を台無しにしてしまう原因です。
早く治したいと思っている人も多いでしょうが、そんな口内炎治療ででにおすすめなのがプロポリスなのです。

口内炎の原因は?

口内炎になってしまう原因は、大きく分けて2つ考えられます。
ひとつは、口内に雑菌が多いことです。
食事中に噛んでしまうなど口内をけがしてしまったとき、雑菌が多いと傷口に感染し、炎症を起こしやすくなってしまうのです。
また、免疫力の低下も炎症が起きやすくなる原因となります。
たとえ口内に雑菌が多くなくても、雑菌を退治する免疫力が低下していれば、似たような結果となってしまうためです。

プロポリスの効果1・雑菌を退治

プロポリスは、この2つの原因に対応してくれるのです。
まず、プロポリスの元となる蜂の巣は、細菌の多い屋外にあるにもかかわらず腐りませんし、中の幼虫が病気になってしまうこともほとんどありません。
これはプロポリスに抗菌・殺菌効果があるためで、巣の腐敗や幼虫の病気の原因となる細菌を退治してくれているのです。
この抗菌・殺菌効果が、口内炎対策に役立つのです。
うがいをすることで口内炎の原因である細菌を退治し、悪化を防いでくれるのです。
殺菌力が強いのは、プロポリスの中でもユーカリ由来のオーストラリア産とされています。

プロポリスの効果2・免疫力アップ

プロポリスには、バッカリンという桂皮酸誘導体が含まれています。
このバッカリンには、免疫力をアップしてくれる効果があります。
プロポリスをサプリメントとして摂取することで免疫力をアップできれば、口内の細菌による口内炎を防ぎやすくなるというわけです。
ちなみにバッカリンが多く含まれているのは、アレクリン由来のブラジル産プロポリスです。

プロポリスは雑菌退治と免疫力アップによって、口内炎の治りを早くしてくれることが期待できるのです。
口内炎が治りにくくて困っているようでしたら、プロポリスを使ってうがいをしたり、サプリとして摂取してみるのがおすすめです。
【参考URL】http://www.ipman2-movie.com/pp2.html